タイ 空港 飛行機

【タイ】隔離免除で11月1日以降にタイに入国する手順完全ガイド・タイランドパス申請方法

タイ政府は2021年11月1日から、海外からの旅行者を隔離なしで受け入れることを発表しています。

【タイ】日本から隔離免除でタイへの渡航が可能になります!

2021年11月1日以降観光客がタイで訪れることができる場所

隔離免除を利用してタイに入国した際に訪れることができるエリアは以下「観光パイロットエリア」に限られています。

【タイ】バンコクなど「観光パイロットエリア」17都県で夜間外出禁止令を解除へ

2021年11月以降のタイ入国の手順

①日本で準備すること

  1. 旅行の14日以上前にタイで承認されたワクチンでワクチン接種を完了しワクチン接種証明書(英文書類)を入手
  2. SHAホテル or AQホテル最低一泊分の予約と支払い完了(要支払い確認書)
  3. タイ滞在全期間中を対象とする新型コロナ治療費をカバーする医療保険最低5万ドルに加入
  4. 渡航72時間以内にPCR検査を受けて陰性であることを証明する(英文書類)
  5. タイパスに書類をアップロードし登録する

18才未満でワクチン未接種の場合は両親と同行する場合PCR検査の陰性証明書で同じ行程が可能です。

 

タイパスの登録取得の仕方

https://tp.consular.go.th/

上記アドレス(2021年11月1日から運用開始)にアクセスし登録する

必要な書類をアップロードする

  1. パスポート
  2. 新型コロナウイルスのワクチン接種証明書
  3. 新型コロナウイルスの医療保険
  4. ASQ or SHAホテルの宿泊支払い確認書
  5. ビザ(申請が必要な人のみ)

上記書類をアップしてから承認まで3日から5日程かかるようです。最低でも出発の7日前までには登録しましょう。

承認されたらメールでタイパスのQRコード、タイパスのIDが届きます。入国時に必要になりますのでスクショでQRコードを保存したり、空港でネットにアクセスできなかったり電池切れということもあるので、受信メールを印刷しておくと安心かもしれません。

タイパスの取得にPCR検査で陰性を証明する必要はありませんが、渡航にはPCR-RT検査で陰性を証明する必要があり陰性証明書(英文)が必要です。

②タイ到着後

  1. タイパスを提示して入国手続きをする
  2. 宿泊予約したホテルより手配された車でホテルへ移動する
  3. MorChanaアプリをインストールし登録する
  4. 予約した宿泊施設でPCR検査を受ける
  5. 陰性結果がでればホテルから出て観光を楽しめます

③タイ滞在中

タイで滞在できる場所はタイ政府が指定した「観光パイロットエリア」のみになります。

タイ到着後の最初の7泊は「観光パイロットエリア」のひとつのエリアに滞在します。

宿泊が7泊未満の場合はチェックアウト後は直行便で帰国しなくてはならず、タイ国内線には搭乗できません。

 

すべての入国者はタイ到着1日目にPCR-RT検査で陰性を証明し、その後6-7日目に2回目のATK検査で陰性であることを証明します。2回の検査で陰性が証明できれば開放されエリアを限られることなくタイ国内を自由に移動できるようになります。

 

タイで行う新型コロナウイルス検査

  1. 1日目にPCR-RTテストで陰性を証明
  2. 6-7日目にATKテストで陰性を証明
  3. 2回のテストで陰性が証明された場合はタイ国内の他のエリアへ移動が可能

 

11月1日以降はこれまでコロナ禍のタイ入国で必要だったCOE(入国許可証)が不要になります。COEに変わりタイパスが必要になりますので旅行の際はタイパスの申請書類の用意を忘れずに。

タイパスの申請は個人でも簡単にできます。

旅行会社やエージェントに依頼することもできますが、お金をとられるのでとっても簡単なので旅費節約のためにも自分で申請してみましょう。

投稿者: 旅なび