ラーメン 香港

【香港】ここまで進化した!香港の最新カップラーメン

これまで色々な国でいくつもの海外版カップラーメンを食べて紹介してきましたが、ここまでこだわった1品はなかったといえるすごいカップ麺を発見!

今回紹介するのは香港で見つけたカップラーメン。これが期待に反してかなり進化してて美味しかったので紹介します。

 

香港の最新カップラーメン

蓋が紙製のカップラーメンは初めて!

開封してみると中にはいくつもに小分けされた具材が入っていました。

この時点でこだわりのすごさがわかります。

 

カップラーメンの中身

6つに小分けされたラーメンの具

忙しい日の簡単ごはんにとコンビニでカップラーメンを購入したのですが、ちょっとめんどくさい(笑)カップラーメンを買ったようです。なんだか気軽に食べれないですね。

中には折りたたみ式のフォークが入っていて、しかも大きめ。

海外版ラーメンによくある白いフォークではなく固さがしっかりあるので、麺がすくやすそうです。

 

麺は米麺

職人的なイラストが記載されたパッケージに期待高まる

パッケージのイラストから豚骨スープのラーメンを想像していましたが、全く違いました。

麺は米麺で、こだわりを感じるイラストつき。何味なのか想像つきません。

具と調味料

5つに小分けされた具材にこだわりを感じます

調味料は粉末と液体のふたつ。

具はかやく、味とかかれた豆っぽいもの、中央の黒い物体は何か不明です(笑)

カップラーメンの下準備

お湯を注ぐ前に液体スープ以外のものを全ていれます

お湯を注ぐ前に5つの具材を入れます。

麺、かやく、豆?、粉末スープ、黒い物体。

やはり黒い物体が何なのか気になりますね(笑)

 

こだわりラーメンの作り方

お湯を注いで5分から8分待つ

作り方のレシピにはお湯を注いで5分から8分待つと書かれていました。

カップラーメンの中ではかなり長い待ち時間ですね。

米麺ができるのに時間がかかるでしょうか。米麺は固いと美味しくないのでレシピ通り8分待ちました。

8分待った後、液体スープを入れて完成です。

ラーメン完成! いざ実食

そうめんのような麺

豆?と思われていた、茶色い物体は実際食べてみると豆でした(笑)

何の豆がはわかりませんが、おつまみピーナッツ的な豆だったのでこれはそのままでも食べれる豆だろうと思います。

スープは豚骨ではなく、味噌スープにカレーの風味が加わったもの。カレー味噌味って味が想像しづらいかもしれませんが、これはこれで美味しかったです。

気になる黒い物体の正体は?

気になってた黒い具

お湯を注いで時間がたったのに2つの黒い物体はついたまま離れません(笑)

食べ物であることは確かだと思う(笑)のですが食材不明で怖かったので、食べる前に割って中身を確認しました。

黒い物体の正体は?

食べる前に割ってみた

黒い物体の正体は煮卵。

味を染み込ませているので白い卵が黒くなっていただけでした。日本でいう煮卵的に調理されたたまごです。

味は卵というかピーナッツクリームみたいな感じでネトネトした舌ざわりが気持ち悪かったので一口で食べるのやめました(笑)いったい何の卵だったのだろう、、、(怖)

 

香港最新カップラーメンまとめ

香港のカップラーメンはかなり進化しています。

総評的に味は美味しかったです。

たまごが少し気持ち悪かったですが、麺のできもよく素麺みたいで食べやすかったです。そして米麺にしては食べ応えがあり腹持ちもよかったです。スープはイラストから豚骨を想像していましたが、想定外のカレー風味つきの味噌スープ。麺があっさりしているので濃い味のスープがからみバランスが取れていました。スープを飲み干したあとブラックペッパーなどのスパイスの粒が下に結構沈んでいたので、溶け切れてない感は否めませんがいろいろなスパイスを使ったこだわりのスープだというのを実感しました。

 

気軽に食べるカップラーメンを想像して購入しましたが、こだわった一品を食べることができ大満足の夕食となりました。皆さんも香港に旅行した際はコンビニで探して食べてみてくださいね。

 

海外のラーメンを紹介してます

投稿者: 旅なび